本から響く、「音」の魅力


全国の書店員の方から熱い支持を受け、本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)。
詩の様な精緻な文章の行間からピアノの響きが感じられるような、独特の雰囲気がとても魅力的な作品です。

 

私も、読書会で何度も課題本に指定する程、魅了されている本ですが、これほど読み手の支持を集める魅力の根源は一体どこにあるのでしょうか。

この画像の、初版本の帯にもあるように、言葉だけでは表わし切れない「音」の情感を、読み手に感じさせるような「雰囲気」を演出する宮下さんの個性が色濃く感じられるところが、最も大きい要素であることは言うまでもないですね。

ただ、この要素がなぜ多くの人たちを魅了するのか、私なりにもう少し考察してみたいと思います。

絵本の話になるのですが、日本の臨床心理学の開祖、河合隼雄氏や児童文学家の松居直(ただし)氏などの共著、『絵本の力』 参考リンク には、子どもたちが楽しんでいる、絵本の絵や写真の世界への考察が綴られています。
木々の冬芽から「パッパッパッ」と葉や花が開く様子、そして、恐竜の世界の荒々しい火山から「ドーンドーン」と空気が震える様子を例に挙げて、河合氏は、子どもたちが絵や写真から「音」を感じ楽しんでいる、と述べられています。
(同書p15~)

そして、河合氏の文章を受ける形で、松居氏が、幼少の頃に親から絵本を読み聞かせてもらった経験を紹介されています。
大人の読み聞かせの中で、子どもたちは耳で言葉を聞き、目で絵本の挿絵を見るのではなく、絵の線や形や色から「絵を読む」というのです。
そして、同時に耳から言葉の世界を体験し、それが子供の中で一つになって「絵本の世界」ができるとしています。
それが子供にとってのほんとうの絵本の世界であって、静的な絵の世界にとどまらない、動的な生き生きとした絵本の本質を感じているとのことでした。
(同書p53~)

『羊と鋼の森』の中に随所にちりばめられた、「自由詩」のような部分(冒頭の『森の匂いがした。~』など)を「音」で追ってみると、「音楽」のように心に響いてくるような気がします。
(その文章を「朗読」してみると、絶妙なリズムを刻んでいるように感じられますね。)

ここから読み手の「五感」に響いてくるものが、私たちが幼少の頃の原体験である、絵本の読み聞かせにつながるような根源的な喜びを思い起こさせているのかも知れません。

過去に本屋大賞にノミネートされた宮下さんの著書、『誰かが足りない』 参考リンク では、複数の登場人物たちを魅了するレストラン「ハライ」が登場しますが、料理の具体的な描写はあまりありません。

しかし、「行間」から伝わる雰囲気だけで読み手に「ハライ」の魅力を連想させてしまうように、本に込められた「音」に対する読み手の「原体験」を巧みに刺激していると思われるところに、宮下さんの作品の魅力の一端がある気がしてなりません。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*