もうすぐ、今年の本屋大賞の発表です


毎年、この時期になると本屋大賞のノミネートが出そろい、読書家の間で話題になります。

もちろん私も、歴史のある文学賞も気にはなりますね。

ただ、本屋大賞は、日々、読書家に向き合っている書店員の方々が選ばれている、という意味で、だいぶ趣が異なる感じがします。

 

昨年の本屋大賞は宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が受賞しましたが、これに関して、私が思うところを少し述べさせてくださいね。
(このコラムでこの本をテーマにするのは3回連続ですね。恐縮です・笑)

本屋大賞を受賞した本は、その後、出版部数を大幅に伸ばすことで知られています。

『羊と鋼の森』も、初版の6500部から一気に50万部を超えて増版されました。

 

それだけ本屋大賞は注目される賞なのですが、その趣旨を考えると、多くの書店員の方が「この本を多くの方に読んで欲しい」という思いがそこに込められていると感じます。

 

最近、「本離れ」が懸念される声を耳にします(実際には、雑誌の発行部数が減ったことが大きいようですが)。そんな風潮の中、どうすれば出版業界が盛り上がるのかを、現場の書店員の方は日々の仕事の中で模索されているのではないでしょうか。

 

どんな業界でもそうだとは思いますが、既存の読書家だけでなく、まだ本に親しく触れていない方に読書への関心を寄せていただくこともまた、業界の今後を下支えする大切な要素です。

 

その視点に立つと、『羊と鋼の森』という本が大賞を受賞した要因を推し量ることができそうです。

 

この本は、主人公の青年が「調律師」という一つの道を模索する様子を追う「お仕事小説」ですが、社会人の入口に立つ青年の視点だけではなく、彼を見守る先輩や、仕事を通じて向き合う顧客から見える「ピアノとの様々な関係」から浮かぶ人生の機微など、様々な立場の読み手の方にとって共感することができる内容です。

 

その優しい筆致を含めて、より多くの方に読書の魅力を伝えることができる可能性が高いという意味で、『羊と鋼の森』はふさわしい本と言えるのかも知れませんね。

 

さて、4月に発表される今年の本屋大賞。私もワクワクしつつ待ちたいと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*