読書会リポート(27-10-25)


10月25日(日) 『えどがわ読書まつり 第10回』を開催しました。

今回、お越しいただいたのはご新規の方おひとりでした。
それにもかかわらず、アツいアツい読書会に!
参加された方ご自身も、これまで読書を通じた交流を重ねられたということもあり、非常に充実したひと時を過ごすことができました。

この読書会に際して何冊も本を持参していただいたのですが、読書関連の会話が弾んで、紹介できたのはお互い1冊づつになってしまいました。申し訳ありません。

今回、読書会の中で紹介できた本は少なかったのですが、この2冊に共通するものとして、「人は、閉塞しがちな昨今の状況に、どう意識して向き合うのか?」という事を感じました。

一旦「手放す」ことで見えてくるもの。
とりあえず「もがいてみる」ことで引き寄せるもの。

過程は違えども、何かが変わることを信じて動いてみることに、それなりの意義はあるのでは?

一人で読書を楽しむことに留まらず、読書会へ参加することで、とりあえず動いてみるのも一興かも知れませんよ。

主催 加藤宏和

【紹介された本】
『ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ』
佐々木 典士 (著)
『羊と鋼の森』
宮下奈都 (著)

IMG_20151025_112325


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*