江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-11-26


11月26日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

今回でちょうど2周年となりました。
細々ながら読書会を続けることができましたのも、関心を寄せていただいている皆さんのおかげです。
改めまして、御礼申し上げます。

改めてチェックしたところ、この2年間で主催した会はちょうど20回目でした。(小岩での開催を含めると22回)
あっという間にでしたね。

今回、私がお世話になっている、都心の読書会メンバーの方にお越しいただきました。
前回に続いて参加された地元の方と、実に刺激的なトークの応酬となり、主催者としては「我が意を得たり」でした(笑)。

img_0069
今回持ち寄っていただいた本のご紹介に触れ、経済学の世界や、世間体の陰に隠れた親子の実相、そして町の中華屋さんから見る現代社会の変容など、ありふれた世の中に隠れた「真実」への探求の奥深さといえるものがあるように感じました。

これらの本を通じて、「玄人」にのみ許される知識をいかに伝えるかという、それぞれの本の著者の方々の試行錯誤が熱く伝わってくる思いがしました。

【紹介された本】
『経済数学の直感的方法』(長沼伸一郎 ・著)
『きみはいい子』(中脇初枝・著)
『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(町中華探検隊・著)
『将棋の子』(大崎 善生・著)
『オリエンタル・ファンタジー -アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界-』(海野 弘・監修)

読書会終了後、都心の読書会の常連の方と、駅近くのお店で延長戦を行いました。
視覚だけではなく、味覚や嗅覚も駆使して世界を味わう訓練(笑)に、しばし酔った次第です。

普段は外では全く飲まず、地元のお店も初めておじゃましたのですが、Facebookでの地元の方からの情報に助けられ、素敵な時間を過ごすことができました。
SNSってすごいですね(笑)。

【追伸】
12月は読書会はお休みいたします。次回は来年1月半ばを予定しております。
詳細は、後日、当ブログにて告知いたします。

主催 加藤宏和


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*