江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-09-02


9月2日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

子どもたちの夏休みが重なる8月は個人的なイベントが重なることが多いので、今年はあえて外し、9月の頭に予定を立ててみました。
結果として、6月の開催時と同じメンバーになりましたが、久々に皆さんとじっくりお話を楽しむことができました。

【紹介された本】
『スピニー通りの秘密の絵』(ローラ・マークス フィッツジェラルド・著)
『マーブル・アーチの風 』(コニー・ウィリス・著)
『丹野智文 笑顔で生きる -認知症とともに-』(丹野 智文,奥野 修司・著)
『車のいろは空のいろ 白いぼうし』(あまん きみこ・著)
『活版印刷三日月堂 星たちの栞』
『活版印刷三日月堂 海からの手紙』(ほしお さなえ・著)
『蜜蜂と遠雷』(恩田 陸・著)

今回、紹介された本の多くは、様々な境遇に追い込まれた主人公が、様々な「媒体」を通じて、過去の縁者の経験やメッセージを受け取って前進する姿を追うお話が多かった印象があります。

私たちも、本という「媒体」を通じて、過去からの様々な「経験」を自分たちの糧にしていますね。
「読書会」は、本との新しい出会いを演出する機会でもあります。

今回、読書会にご参加いただいた方から「一度、読書会に参加すれば楽しさにハマると思うのですが…。最初の一歩が抵抗あるのでしょうか?」というメッセージをいただきました。
これをご覧のあなたも、「読書会」に足を運んでいただき、この楽しさをぜひ実感していただけたら幸いです。

主催 加藤宏和

【追伸】
読書好きの方が交流する場所は読書会に限りません。
今日、私が招待された「ビブリオバトル」もその一つです。
【「ビブリオバトル」ってなんだ?:新たなコミュニケーションのあり方】

これは、ゲーム性を高めた本の紹介イベントの一つです。
ご覧の皆さんの感性に合ったイベントにぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです。

主催 加藤宏和

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*