江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-11-04


11月4日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

夏から秋にかけて、雨が続きの後の急激な気温の変化。
主催者の私も気候の変化に身体がついて行かず、読書のペースも滞りがちでした。

そんな中、今回の読書会にはおなじみの方が複数お越しいただき、しばしの交流を楽しむことができました。

【紹介された本】
『バッタを倒しにアフリカへ』(前野ウルド浩太郎・著)

『世界の果てで大切なことに気づく100の言葉』(宮永 千恵 他・著)
『宇宙の戦士』(ロバート・A・ハインライン・著)
『陸王』(池井戸 潤・著)
『花のれん』(山崎 豊子・著)
『よちよち文藝部』(久世 番子・著)

今回の読書会の冒頭、参加された方からもお話があったのですが、今回の紹介本は、周りの状況に流されることなく自分の信じる道を進んだ人の話ばかりが集まった形になりました。

アフリカの砂漠で、宇宙の果てで、ものづくりの現場で、はたまた己の趣味と実益?にこだわった創作の場で(笑)。

各々の置かれた場で、創意工夫を凝らして己の道を進むパワーに溢れる本は、読み手を元気づけてくれるものです。

そんな喜びを、他の読書好きの方と共有する体験は、一人で黙々と本を読むこととはまた違った体験だと思います。

そんな体験ができる機会は、かしこまった読書会だけではありません。
私が参加しているサイト『読書メーター』では、読書好きの方々が実際に出かけて楽しめるイベントを企画するコミュニティページを主催しています。

11月5日(日)には、神田古本まつりにあわせて、同行の士が集合してみんなで神田の古本に触れよう、という企画を実施しました。

神田古本まつり企画の過去ログはこちらからご覧いただけます。
【神田古本まつり2017と神田カレーグランプリへ行こう!】

私が主催するコミュニティはこちら。
【本と一緒にお出かけコミュ(^^♪〜さあ、町に出よう!〜】

町に出ることで、新しい体験と楽しさの共有の妙を感じてみませんか?

主催 加藤宏和

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*