2016年 8月 の投稿一覧

「情報」だけではない、読書会の「魅力」


皆さんは「読書会」というと、どんな印象を抱きますか?

私が主催している紹介型の会であれば、参加された方が持ち寄った様々な本を知り、興味を持てそうな本と出会える場所。
もしくは、自分が心に残る本を、他の方に知ってもらえる場所。

そんな風に思われていると思います。

 

日本の臨床心理学の開祖で、日本人独自の視点で心象風景を探る達人である河合隼雄さんの著書、
『河合隼雄の幸福論』(PHP研究所) 参考リンク の中に、作家の井上ひさしさんと河合氏が歓談された際の記述がありました。

演劇の場では、職業や年齢など、異なる人生経験のある人たちが一つの劇場に集まります。そこには、劇場全体に「不思議な一体感」が生まれることがある、と井上氏は語られています。

観客は、舞台上で表現される喜びや悲しみの感情を味わうのですが、そこで生まれた「心の揺れ」が舞台で演じる俳優にも伝わり、練習の時にはできなかったような「名演技」をすることにつながるというのです。
それがまた観客の感動を呼ぶ、という形で、劇場全体に「心の共振現象」のようなことが起こる、と河合氏は記しています。

そして、河合氏はこう続けます。

※ 以下引用 ※

『情報の伝達という点から言うと、私は井上さんからどのような「情報」を受け取ったのだろう。(中略)井上さんからわれわれが受けとめたものは、知識ではなく心の揺れである。』
(『河合隼雄の幸福論』 p26 何を伝えるのか より)

※ 引用終わり ※

読書会に参加して得られるものは、本の「情報」だけでなく、紹介する人がその本から感じた「心の揺れ」もあるかと思います。

河合氏は、演劇の聴衆の方がそれぞれ異なる受け止め方をしつつも、自分なりの「心の揺れ」を体験し、『よし、やるぞ』と感じられるような、多様な結果を生み出すところが素晴らしいと述べています。

読書会にも、単なる「本の情報」だけに留まらない、この本で河合氏が述べているような、『人間が生きてゆくのに、ほんとうに大切な「やるぞ!」というような心の動き』が生まれることがあると思っています。

そんな経験が、参加された方の読書ライフに、より多い実りをもたらしてくれるといいですね。


宮下奈都さんの世界を、読書会で味わってみませんか?


本屋大賞受賞作、『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)を入口として、宮下奈都さんの世界を味わう読書会を開催いたします。

9月24日(土)、PM5:30~7:30 都営新宿線 船堀駅前の「タワーホール船堀」会議室で開催予定です。


京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

自然の情景になぞらえた美しい表現にあふれている物語、『羊と鋼の森』に関心のある 方なら
読了されてなくてもご参加OKです。
この作品を入口にして、読書の世界の面白さをご参加の皆さんと共有できたら嬉しいです。

【開催形式】

① お一人さま5分を目安に、『羊と鋼の森』やその他の宮下奈都さんの作品に関して、興味を抱いたポイント、読了された方なら心に残った場面などを紹介いただきます。
同じ本でも、参加された方それぞれに感じるポイントが様々出てくるのが読書会の面白いところです。

② 皆さんが紹介された様々なお話を元に、それぞれが感想を交えながら、より深いトークを楽しみましょう。
ほかの方の視点は、とても刺激になるかも知れませんね。
(参考となる、ほかの本をご紹介されるのもアリですよ)

【参加方法】

冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】

施設利用料として、お一人さま200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和