2017年 3月 の投稿一覧

江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-03-18


2017年3月18日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

先月も、一応読書会は開催したのですが、お越し下さったのが、Webの読書家交流サイト「読書メーター」の常連の方おひとり。二人でまとまらない読書トークに終始したので、リポート記事は投稿しませんでした。

申し訳ありません。

さて、今回は、件の方のほか、船堀近辺にお住いのご新規の方が加わり、久々に読書会らしくなりました(笑)。

【紹介された本】
『神様2011』(川上弘美・著)
『深夜プラス1』(ギャビン・ライアル・著)
『針がとぶ – Goodbye Porkpie Hat』(吉田 篤弘・著)
『宇宙はなぜ「暗い」のか?』(津村 耕司・著)
『旅のラゴス』(筒井 康隆・著)
『アンドロメダ病原体』(マイクル・クライトン・著)

今回、本の構成や装丁、お話の導入の特徴など、読み手を本の世界にいざなう工夫が凝らされた本が集まった感がありました。

分野こそ様々ですが、初めて読書会にお越しいただいた方に、「新たな本との出会いの楽しさ」を理解していただけるラインナップとなり、主催者としても嬉しい限りです。

今回は、ご新規の方も含め3人で行われた読書会後のオフ会も、本の話題から映画の世界に至るまで、様々な話題が飛び出し実に楽しいひと時となりました。

遅くまでお付き合いいただき、この場を借りて感謝申し上げます。

初参加の方は、初めての読書会でなかなか本の紹介が上手にできなかったとおっしゃっていましたが、同時に、読書トークの楽しさも満喫していただけたようです。

楽しい経験を重ねることで、少しづつ紹介も上手になりますよ、とおじさん二人でエールを送らせていただきました(笑)。

機会があったら、またこの読書会でお会いしたいですね。

 

主催 加藤宏和

 

 


江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!(4月予定)


来たる2017年4月8日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

 

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら⇒江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-01-21

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


もうすぐ、今年の本屋大賞の発表です


毎年、この時期になると本屋大賞のノミネートが出そろい、読書家の間で話題になります。

もちろん私も、歴史のある文学賞も気にはなりますね。

ただ、本屋大賞は、日々、読書家に向き合っている書店員の方々が選ばれている、という意味で、だいぶ趣が異なる感じがします。

 

昨年の本屋大賞は宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が受賞しましたが、これに関して、私が思うところを少し述べさせてくださいね。
(このコラムでこの本をテーマにするのは3回連続ですね。恐縮です・笑)

本屋大賞を受賞した本は、その後、出版部数を大幅に伸ばすことで知られています。

『羊と鋼の森』も、初版の6500部から一気に50万部を超えて増版されました。

 

それだけ本屋大賞は注目される賞なのですが、その趣旨を考えると、多くの書店員の方が「この本を多くの方に読んで欲しい」という思いがそこに込められていると感じます。

 

最近、「本離れ」が懸念される声を耳にします(実際には、雑誌の発行部数が減ったことが大きいようですが)。そんな風潮の中、どうすれば出版業界が盛り上がるのかを、現場の書店員の方は日々の仕事の中で模索されているのではないでしょうか。

 

どんな業界でもそうだとは思いますが、既存の読書家だけでなく、まだ本に親しく触れていない方に読書への関心を寄せていただくこともまた、業界の今後を下支えする大切な要素です。

 

その視点に立つと、『羊と鋼の森』という本が大賞を受賞した要因を推し量ることができそうです。

 

この本は、主人公の青年が「調律師」という一つの道を模索する様子を追う「お仕事小説」ですが、社会人の入口に立つ青年の視点だけではなく、彼を見守る先輩や、仕事を通じて向き合う顧客から見える「ピアノとの様々な関係」から浮かぶ人生の機微など、様々な立場の読み手の方にとって共感することができる内容です。

 

その優しい筆致を含めて、より多くの方に読書の魅力を伝えることができる可能性が高いという意味で、『羊と鋼の森』はふさわしい本と言えるのかも知れませんね。

 

さて、4月に発表される今年の本屋大賞。私もワクワクしつつ待ちたいと思います。