2018年 11月 の投稿一覧

読書会申込 満員御礼


12月1日(土)開催予定のえどがわ読書まつりは、現在お申込みが定員に達しました。

これにて締め切ります。

ありがとうございました。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!


来たる12月1日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら
江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 2018-11-03

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」から、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。

それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい読書会リポート 2018-11-03


11月3日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

今月でこの読書会も丸4年が過ぎ、主催の私も感慨深いです。
今まで参加してくださった方々へ、改めて感謝申し上げます。

 

今回はいつものメンバーでの開催。
その一方で、この読書会に関心を寄せていただいている方の声をあちこちで目にしています。

読書会への気軽なアプローチの機会を提供する身として、これからも精進させていただきます。

【紹介された本】
『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ (三上 延・著)
『泣き虫しょったんの奇跡』 (瀬川 晶司・青木 幸子・著)
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 』(岩崎 夏海・著)
『アニメコミック もしドラ』(飯塚 裕之・岩崎 夏海・著)
『渋沢栄一 明日を生きる100の言葉』(渋澤 健・著)
『会話のしくじり 失敗から学ぶ「反面教師の会話学」』(梶原 しげる・著)

読書会の進行にも、主催者それぞれの方針があると思いますが、私の場合は、本の紹介に留まらず、本のテーマから広がる様々な話題をざっくばらんに語ることも広く許容しています。

参加人数が少ないから、それもできるのですが…(^_^;)

 

参加者それぞれが持ち時間できっちり本を紹介することにこだわるよりも、読書会というものが、集まった方々の「心根」を共有する場であってほしい…というのが私の基本にあります。

これは、普段の立場を越えて、お互い対等に交流できる読書会だからこそ可能ではないかと思うのです。

世間一般では、いわゆる「自分語り」は敬遠されるようですが、読書には読む方の「人生観」が反映されてしかるもの。
本の内容と自分の「感情」をリンクして紹介した方が、聴き手も共感しやすいのでは?

その加減は難しいですけれど。

主催 加藤宏和