江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!


来たる2017年2月18日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

前回の読書会では、新しい年を迎えてさらに読書熱を高めた皆さんにお越しいただき、
充実の時間を共有することができました。

今度は、このブログをご覧のあなたが、その空気を感じ取ってみませんか?

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら⇒江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-01-21

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-01-21


2017年1月21日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

年末を挟み、2カ月ぶりの開催。お声をかけていただけるのか、ちょっと不安でしたが、年明けから次々にお申込みをいただき、当日は4名の方にご参加いただきました。

今回は、私がいつも利用させていただいている、読書家の記録サイト「読書メーター」で知り合いになった方もお越しいただき、実ににぎやかな会となりました。
「読書メーター」→☆https://elk.bookmeter.com/about

今回は、様々なジャンルの本が集まり、これまでよりも読書会らしい雰囲気になりました(笑)。

前半で紹介された本

 


後半で紹介された本

今回、戦争が関連した本が何冊か紹介されました。私は、昭和の高度経済成長の最中の生まれなので、戦争の頃の空気は正直実感がないのですが、そんな私でも、本を通じてその頃の空気感を知ることができます。
その当時の人の間でも感じ方は様々ありましたが、本から伝わってくる「空気感」を自分なりに受けとめる機会となりました。
それぞれの本について感じたことを忌憚なく質問し合うことで、よりお互いの交流につながったのではないでしょうか。

また、今回は、様々な世代の方にお集まりいただいたことで、これまで知らなかったジャンルの本に触れる機会となった方も多く、読書会の醍醐味を感じていただけたかと安どしています。

【紹介された本】
『婦人の新聞投稿欄「紅皿」集 戦争とおはぎとグリンピース』( 西日本新聞社・編集)
『さもなくば喪服を』( ドミニク・ラピエール&ラリー・コリンズ・著)
『単独飛行』(ロアルド・ダール・著)
『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)
『母なる自然のおっぱい』(池澤夏樹・著)
『知の逆転』(ジャレド・ダイアモンド&ノーム・チョムスキー 他・著)
『二十世紀を読む』(丸谷 才一 &山崎 正和・著)
『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』(二宮 敦人・著)
『永遠をさがしに』(原田 マハ・著)
『読んでいない本について堂々と語る方法』(ピエール・バイヤール・著)
『法医昆虫学捜査官』(川瀬 七緒・著)

【おまけ】
私がいつもお世話になっている都心の読書会では、多い時には30人近い参加者が集まります。
それだけ大勢の方が集まると、本の好みも多岐に渡ることになります。

その中で、自分がなかなか共感しづらいテーマの本が登場した際は、正直、交流するきっかけが見えず、静かにやり過ごすこともあります。

一般論として、読書会は、本をきっかけとして、参加者相互の交流をはかる場です。自分の意に沿わない意見が登場しても、そこはお互い自分の気持ちを表現したいもの同士として、受け止めるべきものだと思います。

紹介型の読書会の場合は特に、あくまで情報を共有する場ですから、持論を強く主張したい際は、その他の形態の集まり(ディベートなど)の方がより満足していただけるのではないでしょうか。

私の読書会も、一時に比べて、多くの方から注目されてきているようです。
より多くの方が参加されるようになれば、この様な懸念も現実になるのかと思っています。

参加の詳細をお知らせする際も、【参加にあたってのガイドライン】を明記させていただいていますが、今後、主催者としてより強く意識しなければいけないと感じています。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!


いつもこのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
年の瀬を迎え、慌ただしい日々の中、読書をする時間を確保するのもままならないかと存じます。

ブログの更新が遅れまして、申し訳ございませんでした。

来たる2017年1月21日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

年末年始、年が改まり気分一新、皆さんどんな本を手にされるのでしょうか?
その新鮮な気持ちを、読書会の場でシェアしてみませんか。

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら⇒江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-11-26

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和

 


江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-11-26


11月26日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

今回でちょうど2周年となりました。
細々ながら読書会を続けることができましたのも、関心を寄せていただいている皆さんのおかげです。
改めまして、御礼申し上げます。

改めてチェックしたところ、この2年間で主催した会はちょうど20回目でした。(小岩での開催を含めると22回)
あっという間にでしたね。

今回、私がお世話になっている、都心の読書会メンバーの方にお越しいただきました。
前回に続いて参加された地元の方と、実に刺激的なトークの応酬となり、主催者としては「我が意を得たり」でした(笑)。

img_0069
今回持ち寄っていただいた本のご紹介に触れ、経済学の世界や、世間体の陰に隠れた親子の実相、そして町の中華屋さんから見る現代社会の変容など、ありふれた世の中に隠れた「真実」への探求の奥深さといえるものがあるように感じました。

これらの本を通じて、「玄人」にのみ許される知識をいかに伝えるかという、それぞれの本の著者の方々の試行錯誤が熱く伝わってくる思いがしました。

【紹介された本】
『経済数学の直感的方法』(長沼伸一郎 ・著)
『きみはいい子』(中脇初枝・著)
『町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう』(町中華探検隊・著)
『将棋の子』(大崎 善生・著)
『オリエンタル・ファンタジー -アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界-』(海野 弘・監修)

読書会終了後、都心の読書会の常連の方と、駅近くのお店で延長戦を行いました。
視覚だけではなく、味覚や嗅覚も駆使して世界を味わう訓練(笑)に、しばし酔った次第です。

普段は外では全く飲まず、地元のお店も初めておじゃましたのですが、Facebookでの地元の方からの情報に助けられ、素敵な時間を過ごすことができました。
SNSってすごいですね(笑)。

【追伸】
12月は読書会はお休みいたします。次回は来年1月半ばを予定しております。
詳細は、後日、当ブログにて告知いたします。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!


来たる11月26日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

秋の風情を感じる余裕もなく、あっという間に冬が到来した感がありますね。
暖かな部屋の中でじっくり読書することが楽しい季節でもあります(笑)。
そんな中、皆さんが楽しんでいる本の感想を、読書会でシェアしてみませんか?
気軽にお越しいただけたら幸いです。

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら⇒江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-10-29

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-10-29


10月29日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

今回は、ご新規の方おふたりを含め、3人の方にお越しいただきました。
この夏は開催をお休みした月もありましたので、読書会がこんなに賑やかになったのは久々。
とても充実した時を過ごしたのですが、夢中になるあまり、紹介された本の集合写真を撮影するのを忘れてしまいました。
(初心者みたいです…)

近々あるとうわさされる衆議院議員選挙に、日本維新の会から立候補予定の中津川ひろさと さんがお忙しい中お越しいただくなど、序盤から熱いトークとなりました!

中津川さんが紹介された本の表紙に、
「年を重ねただけでは人は老いない。理想を失うとき初めて老いる」
とありますが、本日お越しいただいた皆さん全てが、読書を通じて理想を追い求める熱い方ばかり!
読書に夢中な方は、年齢に関わらず「青春」を継続することができるのでは、と感じました。

お忙しい中津川さんが序盤で退席されたのち、ご新規のおふたりに、それぞれ持参された本をご紹介いただきました。
その中で、読書に関する方法論やノンフィクション作品に触れることを通じた研鑚など、おふたりの読書への情熱が伝わる読書トークをじっくり楽しみました。
参加されたおふたりにとって、この会での経験が、今後のより深い読書への刺激となっていただけたら嬉しいですね。

【紹介された本】(紹介順)
(集合写真を撮影できませんでしたので、Amazonのリンクを添付します)
『「青春」という名の詩-幻の詩人 サムエル・ウルマン』(宇野 収・作山 宗久・著)リンク
『大人のための読書の全技術』(齋藤 孝・著)リンク
『明治のサーカス芸人は なぜロシアに消えたのか』(大島 幹雄・著)リンク
『夏の朝』(本田 昌子・著)リンク
『将棋の子』(大崎 善生・著)リンク

私が紹介した『夏の朝』の写真です。

私が紹介した『夏の朝』の写真です。

これまで、Facebookの江戸川区の交流ページを中心にこの読書会を告知してきましたが、今回ご新規のおふたりは、いずれもこのブログを経由して申し込まれたとの由。
このブログをご覧いただいている方が、私が思っていたよりも広い地域でご覧いただいていることが分かり、主催者としてホッとしている次第です(笑)。

主催 加藤宏和


本から響く、「音」の魅力


全国の書店員の方から熱い支持を受け、本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)。
詩の様な精緻な文章の行間からピアノの響きが感じられるような、独特の雰囲気がとても魅力的な作品です。

 

私も、読書会で何度も課題本に指定する程、魅了されている本ですが、これほど読み手の支持を集める魅力の根源は一体どこにあるのでしょうか。

この画像の、初版本の帯にもあるように、言葉だけでは表わし切れない「音」の情感を、読み手に感じさせるような「雰囲気」を演出する宮下さんの個性が色濃く感じられるところが、最も大きい要素であることは言うまでもないですね。

ただ、この要素がなぜ多くの人たちを魅了するのか、私なりにもう少し考察してみたいと思います。

絵本の話になるのですが、日本の臨床心理学の開祖、河合隼雄氏や児童文学家の松居直(ただし)氏などの共著、『絵本の力』 参考リンク には、子どもたちが楽しんでいる、絵本の絵や写真の世界への考察が綴られています。
木々の冬芽から「パッパッパッ」と葉や花が開く様子、そして、恐竜の世界の荒々しい火山から「ドーンドーン」と空気が震える様子を例に挙げて、河合氏は、子どもたちが絵や写真から「音」を感じ楽しんでいる、と述べられています。
(同書p15~)

そして、河合氏の文章を受ける形で、松居氏が、幼少の頃に親から絵本を読み聞かせてもらった経験を紹介されています。
大人の読み聞かせの中で、子どもたちは耳で言葉を聞き、目で絵本の挿絵を見るのではなく、絵の線や形や色から「絵を読む」というのです。
そして、同時に耳から言葉の世界を体験し、それが子供の中で一つになって「絵本の世界」ができるとしています。
それが子供にとってのほんとうの絵本の世界であって、静的な絵の世界にとどまらない、動的な生き生きとした絵本の本質を感じているとのことでした。
(同書p53~)

『羊と鋼の森』の中に随所にちりばめられた、「自由詩」のような部分(冒頭の『森の匂いがした。~』など)を「音」で追ってみると、「音楽」のように心に響いてくるような気がします。
(その文章を「朗読」してみると、絶妙なリズムを刻んでいるように感じられますね。)

ここから読み手の「五感」に響いてくるものが、私たちが幼少の頃の原体験である、絵本の読み聞かせにつながるような根源的な喜びを思い起こさせているのかも知れません。

過去に本屋大賞にノミネートされた宮下さんの著書、『誰かが足りない』 参考リンク では、複数の登場人物たちを魅了するレストラン「ハライ」が登場しますが、料理の具体的な描写はあまりありません。

しかし、「行間」から伝わる雰囲気だけで読み手に「ハライ」の魅力を連想させてしまうように、本に込められた「音」に対する読み手の「原体験」を巧みに刺激していると思われるところに、宮下さんの作品の魅力の一端がある気がしてなりません。


江戸川区での楽しい紹介型読書会を開催!


来たる10月29日(土)、pm5:30~7:30 江戸川区船堀の『タワーホール船堀』にて、
お好きな本を持参していただき、お互いに紹介し合うスタイルの読書会を開催いたします。

秋の長雨が続いていましたが、ようやく天候が落ち着きつつありますね。
秋の夜長、皆さんが楽しんでいる本の感想を、読書会でシェアしてみませんか?
気軽にお越しいただけたら幸いです。

小説・ノンフィクション・自己啓発・写真集・詩集・お子さんに読み聞かせしている絵本など、
ジャンルは指定いたしません。
その本を選んだ理由、好きな点、おススメしたいポイントなどをご自由にお話ください。

これまで開催した読書会の開催リポートはこちら⇒江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-06-19

当日は、紹介したい本を1~2冊お持ちください。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

【参加方法】
冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】
施設利用料として、おひとり様200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7名

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


「情報」だけではない、読書会の「魅力」


皆さんは「読書会」というと、どんな印象を抱きますか?

私が主催している紹介型の会であれば、参加された方が持ち寄った様々な本を知り、興味を持てそうな本と出会える場所。
もしくは、自分が心に残る本を、他の方に知ってもらえる場所。

そんな風に思われていると思います。

 

日本の臨床心理学の開祖で、日本人独自の視点で心象風景を探る達人である河合隼雄さんの著書、
『河合隼雄の幸福論』(PHP研究所) 参考リンク の中に、作家の井上ひさしさんと河合氏が歓談された際の記述がありました。

演劇の場では、職業や年齢など、異なる人生経験のある人たちが一つの劇場に集まります。そこには、劇場全体に「不思議な一体感」が生まれることがある、と井上氏は語られています。

観客は、舞台上で表現される喜びや悲しみの感情を味わうのですが、そこで生まれた「心の揺れ」が舞台で演じる俳優にも伝わり、練習の時にはできなかったような「名演技」をすることにつながるというのです。
それがまた観客の感動を呼ぶ、という形で、劇場全体に「心の共振現象」のようなことが起こる、と河合氏は記しています。

そして、河合氏はこう続けます。

※ 以下引用 ※

『情報の伝達という点から言うと、私は井上さんからどのような「情報」を受け取ったのだろう。(中略)井上さんからわれわれが受けとめたものは、知識ではなく心の揺れである。』
(『河合隼雄の幸福論』 p26 何を伝えるのか より)

※ 引用終わり ※

読書会に参加して得られるものは、本の「情報」だけでなく、紹介する人がその本から感じた「心の揺れ」もあるかと思います。

河合氏は、演劇の聴衆の方がそれぞれ異なる受け止め方をしつつも、自分なりの「心の揺れ」を体験し、『よし、やるぞ』と感じられるような、多様な結果を生み出すところが素晴らしいと述べています。

読書会にも、単なる「本の情報」だけに留まらない、この本で河合氏が述べているような、『人間が生きてゆくのに、ほんとうに大切な「やるぞ!」というような心の動き』が生まれることがあると思っています。

そんな経験が、参加された方の読書ライフに、より多い実りをもたらしてくれるといいですね。


宮下奈都さんの世界を、読書会で味わってみませんか?


本屋大賞受賞作、『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)を入口として、宮下奈都さんの世界を味わう読書会を開催いたします。

9月24日(土)、PM5:30~7:30 都営新宿線 船堀駅前の「タワーホール船堀」会議室で開催予定です。


京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

自然の情景になぞらえた美しい表現にあふれている物語、『羊と鋼の森』に関心のある 方なら
読了されてなくてもご参加OKです。
この作品を入口にして、読書の世界の面白さをご参加の皆さんと共有できたら嬉しいです。

【開催形式】

① お一人さま5分を目安に、『羊と鋼の森』やその他の宮下奈都さんの作品に関して、興味を抱いたポイント、読了された方なら心に残った場面などを紹介いただきます。
同じ本でも、参加された方それぞれに感じるポイントが様々出てくるのが読書会の面白いところです。

② 皆さんが紹介された様々なお話を元に、それぞれが感想を交えながら、より深いトークを楽しみましょう。
ほかの方の視点は、とても刺激になるかも知れませんね。
(参考となる、ほかの本をご紹介されるのもアリですよ)

【参加方法】

冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】

施設利用料として、お一人さま200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和