ゴールデン街コーリング

江戸川区での楽しい読書会リポート 2019-04-06


2019年4月6日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

今回も様々なジャンルの本が集まりました。

参加者それぞれが本を紹介するたび、他の方から発せられる深いコメントや、素朴な疑問…。
本をきっかけに参加者それぞれの“価値観”が広がっているのが実感できました。

【紹介された本】
『ゴールデン街コーリング』(馳 星周・著)
『日本の異界 名古屋』(清水 義範・著)
『グリム名作選 The Best of Grimm’s Fairy Tales』(グリム兄弟・著)
『歌道小見(かどうしょうけん)』(島木 赤彦・著)
『カラフル』(森 絵都・著)
『ナチスから図書館を守った人たち:囚われの司書、詩人、学者の闘い』(デイヴィッド・フィッシュマン・著)
『孤独のすすめ』(五木 寛之・著)
『いじめを考える』(なだ いなだ・著)

私自身、名古屋をテーマにした本を紹介したら、参加者の方のおひとりがかつて名古屋に住んでいたことがあり、さらに深~い名古屋トークが始まったり…(;^_^A

件の方は、英語のサイドリーダーの教材を使って、文法という「パズル」の組み合わせにとどまらない、「感情」を伝える手段としての「言葉」の大切さを説かれていましたが、名古屋の件も本だけではわからない「名古屋人の感情」を伝えてくれた気がします。

本からの知識も大切ですが、本を通じて「生きた言葉」を交わすこともまた大切なのですね。

またまた有意義な時間を過ごすことができました。

「自分は大した話はできないかも…。」
そんな風に思っている方も、実際に読書会に参加したら、上で触れたような不思議な体験ができるかも知れませんよ。

※ 来月は大型連休もありますので、読書会はお休みします。次回は6月初旬に予定しています。※

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい読書会リポート 2019-03-02


2019年3月2日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

前回に引き続き、またまた私事で恐縮ですが、やっと胃腸炎から解放された直後のこと。
今度は勤め先の管理会社の物件の一つに欠員が生じ、定休日の月曜日も代行業務が決まり6連勤へ。

読書のペースを上げるどころか、ますます停滞する事態に…。

今回も準備不足を露呈して、進行も歯切れが悪い有り様に。
大変失礼いたしました。。。

今回も、常連の方のフォローが大変ありがたく感じた次第。
ご参加の皆さんも、ここの雰囲気をそれぞれ楽しめるだけの経験を積まれてきたことを実感できて、続けてきてよかったとも思いました。

【紹介された本】
『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』(上馬キリスト教会・著)
『下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし』(五十嵐 雄策・著)
『フリーランチ投資家になろう!』(岡崎 良介・著)
『アドルフに告ぐ!』(手塚 治虫・著)
『手塚治虫「戦争漫画」傑作選』(手塚 治虫・著)
『手塚治虫がねがったこと』(斎藤 次郎・著)
『「水族館」革命』(石垣 幸二・著)
『かがみの孤城』(辻村深月・著)

『最悪のはじまり (世にも不幸なできごと 1) 』( レモニー ・スニケット・著)
『ぶどうの木―10人の“わが子”とすごした、里親18年の記録』(坂本 洋子・著)

※ 題名のみですがお勧め本として
  『ゴールデン街コーリング』(馳 星周・著)
   →amazonのリンクはこちら

  『「世間」とは何か 』(阿部 謹也・著)
   →amazonのリンクはこちら

今回、実に様々なジャンルの本が登場しました。
それは、これまでこの読書会に参加されたことで、これまで手に取ることがなかった分野にも関心を寄せていただくようになったこともあるのでは?

皆さんそれぞれに、この場を作っていただいていることを再認識した夜でした。

ここをご覧のあなたも、今度は是非ここに参加されて、一緒に楽しい場を作ってみませんか?

主催 加藤宏和