宮下奈都

もうすぐ、今年の本屋大賞の発表です


毎年、この時期になると本屋大賞のノミネートが出そろい、読書家の間で話題になります。

もちろん私も、歴史のある文学賞も気にはなりますね。

ただ、本屋大賞は、日々、読書家に向き合っている書店員の方々が選ばれている、という意味で、だいぶ趣が異なる感じがします。

 

昨年の本屋大賞は宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が受賞しましたが、これに関して、私が思うところを少し述べさせてくださいね。
(このコラムでこの本をテーマにするのは3回連続ですね。恐縮です・笑)

本屋大賞を受賞した本は、その後、出版部数を大幅に伸ばすことで知られています。

『羊と鋼の森』も、初版の6500部から一気に50万部を超えて増版されました。

 

それだけ本屋大賞は注目される賞なのですが、その趣旨を考えると、多くの書店員の方が「この本を多くの方に読んで欲しい」という思いがそこに込められていると感じます。

 

最近、「本離れ」が懸念される声を耳にします(実際には、雑誌の発行部数が減ったことが大きいようですが)。そんな風潮の中、どうすれば出版業界が盛り上がるのかを、現場の書店員の方は日々の仕事の中で模索されているのではないでしょうか。

 

どんな業界でもそうだとは思いますが、既存の読書家だけでなく、まだ本に親しく触れていない方に読書への関心を寄せていただくこともまた、業界の今後を下支えする大切な要素です。

 

その視点に立つと、『羊と鋼の森』という本が大賞を受賞した要因を推し量ることができそうです。

 

この本は、主人公の青年が「調律師」という一つの道を模索する様子を追う「お仕事小説」ですが、社会人の入口に立つ青年の視点だけではなく、彼を見守る先輩や、仕事を通じて向き合う顧客から見える「ピアノとの様々な関係」から浮かぶ人生の機微など、様々な立場の読み手の方にとって共感することができる内容です。

 

その優しい筆致を含めて、より多くの方に読書の魅力を伝えることができる可能性が高いという意味で、『羊と鋼の森』はふさわしい本と言えるのかも知れませんね。

 

さて、4月に発表される今年の本屋大賞。私もワクワクしつつ待ちたいと思います。


江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 29-01-21


2017年1月21日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

年末を挟み、2カ月ぶりの開催。お声をかけていただけるのか、ちょっと不安でしたが、年明けから次々にお申込みをいただき、当日は4名の方にご参加いただきました。

今回は、私がいつも利用させていただいている、読書家の記録サイト「読書メーター」で知り合いになった方もお越しいただき、実ににぎやかな会となりました。
「読書メーター」→☆https://elk.bookmeter.com/about

今回は、様々なジャンルの本が集まり、これまでよりも読書会らしい雰囲気になりました(笑)。

前半で紹介された本

 


後半で紹介された本

今回、戦争が関連した本が何冊か紹介されました。私は、昭和の高度経済成長の最中の生まれなので、戦争の頃の空気は正直実感がないのですが、そんな私でも、本を通じてその頃の空気感を知ることができます。
その当時の人の間でも感じ方は様々ありましたが、本から伝わってくる「空気感」を自分なりに受けとめる機会となりました。
それぞれの本について感じたことを忌憚なく質問し合うことで、よりお互いの交流につながったのではないでしょうか。

また、今回は、様々な世代の方にお集まりいただいたことで、これまで知らなかったジャンルの本に触れる機会となった方も多く、読書会の醍醐味を感じていただけたかと安どしています。

【紹介された本】
『婦人の新聞投稿欄「紅皿」集 戦争とおはぎとグリンピース』( 西日本新聞社・編集)
『さもなくば喪服を』( ドミニク・ラピエール&ラリー・コリンズ・著)
『単独飛行』(ロアルド・ダール・著)
『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)
『母なる自然のおっぱい』(池澤夏樹・著)
『知の逆転』(ジャレド・ダイアモンド&ノーム・チョムスキー 他・著)
『二十世紀を読む』(丸谷 才一 &山崎 正和・著)
『最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常』(二宮 敦人・著)
『永遠をさがしに』(原田 マハ・著)
『読んでいない本について堂々と語る方法』(ピエール・バイヤール・著)
『法医昆虫学捜査官』(川瀬 七緒・著)

【おまけ】
私がいつもお世話になっている都心の読書会では、多い時には30人近い参加者が集まります。
それだけ大勢の方が集まると、本の好みも多岐に渡ることになります。

その中で、自分がなかなか共感しづらいテーマの本が登場した際は、正直、交流するきっかけが見えず、静かにやり過ごすこともあります。

一般論として、読書会は、本をきっかけとして、参加者相互の交流をはかる場です。自分の意に沿わない意見が登場しても、そこはお互い自分の気持ちを表現したいもの同士として、受け止めるべきものだと思います。

紹介型の読書会の場合は特に、あくまで情報を共有する場ですから、持論を強く主張したい際は、その他の形態の集まり(ディベートなど)の方がより満足していただけるのではないでしょうか。

私の読書会も、一時に比べて、多くの方から注目されてきているようです。
より多くの方が参加されるようになれば、この様な懸念も現実になるのかと思っています。

参加の詳細をお知らせする際も、【参加にあたってのガイドライン】を明記させていただいていますが、今後、主催者としてより強く意識しなければいけないと感じています。

主催 加藤宏和


本から響く、「音」の魅力


全国の書店員の方から熱い支持を受け、本屋大賞を受賞した『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)。
詩の様な精緻な文章の行間からピアノの響きが感じられるような、独特の雰囲気がとても魅力的な作品です。

 

私も、読書会で何度も課題本に指定する程、魅了されている本ですが、これほど読み手の支持を集める魅力の根源は一体どこにあるのでしょうか。

この画像の、初版本の帯にもあるように、言葉だけでは表わし切れない「音」の情感を、読み手に感じさせるような「雰囲気」を演出する宮下さんの個性が色濃く感じられるところが、最も大きい要素であることは言うまでもないですね。

ただ、この要素がなぜ多くの人たちを魅了するのか、私なりにもう少し考察してみたいと思います。

絵本の話になるのですが、日本の臨床心理学の開祖、河合隼雄氏や児童文学家の松居直(ただし)氏などの共著、『絵本の力』 参考リンク には、子どもたちが楽しんでいる、絵本の絵や写真の世界への考察が綴られています。
木々の冬芽から「パッパッパッ」と葉や花が開く様子、そして、恐竜の世界の荒々しい火山から「ドーンドーン」と空気が震える様子を例に挙げて、河合氏は、子どもたちが絵や写真から「音」を感じ楽しんでいる、と述べられています。
(同書p15~)

そして、河合氏の文章を受ける形で、松居氏が、幼少の頃に親から絵本を読み聞かせてもらった経験を紹介されています。
大人の読み聞かせの中で、子どもたちは耳で言葉を聞き、目で絵本の挿絵を見るのではなく、絵の線や形や色から「絵を読む」というのです。
そして、同時に耳から言葉の世界を体験し、それが子供の中で一つになって「絵本の世界」ができるとしています。
それが子供にとってのほんとうの絵本の世界であって、静的な絵の世界にとどまらない、動的な生き生きとした絵本の本質を感じているとのことでした。
(同書p53~)

『羊と鋼の森』の中に随所にちりばめられた、「自由詩」のような部分(冒頭の『森の匂いがした。~』など)を「音」で追ってみると、「音楽」のように心に響いてくるような気がします。
(その文章を「朗読」してみると、絶妙なリズムを刻んでいるように感じられますね。)

ここから読み手の「五感」に響いてくるものが、私たちが幼少の頃の原体験である、絵本の読み聞かせにつながるような根源的な喜びを思い起こさせているのかも知れません。

過去に本屋大賞にノミネートされた宮下さんの著書、『誰かが足りない』 参考リンク では、複数の登場人物たちを魅了するレストラン「ハライ」が登場しますが、料理の具体的な描写はあまりありません。

しかし、「行間」から伝わる雰囲気だけで読み手に「ハライ」の魅力を連想させてしまうように、本に込められた「音」に対する読み手の「原体験」を巧みに刺激していると思われるところに、宮下さんの作品の魅力の一端がある気がしてなりません。


宮下奈都さんの世界を、読書会で味わってみませんか?


本屋大賞受賞作、『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)を入口として、宮下奈都さんの世界を味わう読書会を開催いたします。

9月24日(土)、PM5:30~7:30 都営新宿線 船堀駅前の「タワーホール船堀」会議室で開催予定です。


京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

駅前なので、迷わないと思います

自然の情景になぞらえた美しい表現にあふれている物語、『羊と鋼の森』に関心のある 方なら
読了されてなくてもご参加OKです。
この作品を入口にして、読書の世界の面白さをご参加の皆さんと共有できたら嬉しいです。

【開催形式】

① お一人さま5分を目安に、『羊と鋼の森』やその他の宮下奈都さんの作品に関して、興味を抱いたポイント、読了された方なら心に残った場面などを紹介いただきます。
同じ本でも、参加された方それぞれに感じるポイントが様々出てくるのが読書会の面白いところです。

② 皆さんが紹介された様々なお話を元に、それぞれが感想を交えながら、より深いトークを楽しみましょう。
ほかの方の視点は、とても刺激になるかも知れませんね。
(参考となる、ほかの本をご紹介されるのもアリですよ)

【参加方法】

冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】

施設利用料として、お一人さま200円のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和


江戸川区での楽しい紹介型読書会リポート 28-06-19


6月18日(土)、タワーホール船堀にて、お好きな本を持ち寄って紹介し合う形の読書会を開催しました。

既に、17回目を迎える「えどがわ読書まつり」ですが、最近は多忙ゆえに、開催した読書会のリポートを更新できず、申し訳ありませんでした。

4月16日(土)の『猫を抱いて象と泳ぐ』(小川洋子・著)、5月14日(土)の『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)第2弾の会も、それぞれ熱意ある参加者の方に恵まれ、有意義な時間を過ごすことができました。

これまで一年半以上、細々と続けてきた読書会ですが、私が感じている以上に、SNSを通じて、いつも私の読書会に関心を寄せていただいている方がいるということを、改めて知ることとなりました。
本当に嬉しく思っています。

実は、今回、開催当日までお申込みが無かったのですが、当日に急きょ会場に駆けつけていただいた方が、おふたりも!

参加者のおひとりの方が、「今日、ここに来られたのは奇跡」とおっしゃっていましたが、まさしく、「都合の合うときが、参加どき」であると実感しました。
このブログをご覧の方が「参加どき」だと思われるその時まで、粛々と読書会を続けていきたいです。

今回、合計4冊の本が紹介されたのですが、本を紹介される際に、参加された方がお持ちいただいた本を手に取った時の「想い」が、言葉の端々から感じられました。

【紹介された本】(紹介順)

『ツバキ文具店』(小川糸・著)
『悟浄出立』(万城目学・著)
『ワセダ三畳青春記』(高野秀行・著)
『名探偵に薔薇を』(城平京・著)

参加された方が、お互いに新しい知識に触れ、新しい意欲が湧きあがる様子は、主催者として本当に嬉しい限りでした。

このブログに立ち寄られた皆さんが、もし「参加どき」と感じられましたら、お気軽に江戸川区の「タワーホール船堀」までお越しくださいね。

主催 加藤宏和


5月14日(土)開催予定の読書会の内容変更について


5月14日(土) pm5:30~7:30 開催予定の、
【『羊と鋼の森』を感じる読書会】第2弾

について、内容を若干変更いたします。

 

当初、ご参加の条件として、 【『羊と鋼の森』を読了された方】 に限定する予定でしたが、

この度、本書を読了された方に限らず、『羊と鋼の森』に関心のある方、
また、著者の宮下奈都さんのファンの方に広くご参加いただき、
テーマを定めず、参加者同士の気さくな交流の場とすることとしました。

読書家同士が交流するサイト「読書メーター」でも、読書会の募集をしています。

読書家同士が交流するサイト「読書メーター」でも、読書会の募集をしています。

当日は課題本のほか、宮下奈都さんの他の著作や、関連する他の本などをご持参していただき、自由にご紹介していただくのも楽しいかと存じます。

当ブログ冒頭のリンクから、お申込みフォームを利用していただき、お気軽にご参加いただけたら幸いに存じます。

主催 加藤宏和

 

 


5月の読書会の課題本が本屋大賞を受賞!


5月14日(土)PM5:30から予定している読書会の課題本『羊と鋼の森』が、2016年本屋大賞を受賞しました!
詳しくは、こちらから→【2016年本屋大賞】宮下奈都氏『羊と鋼の森』に決定

読書家同士が交流するサイト「読書メーター」でも、読書会の募集をしています。

読書家同士が交流するサイト「読書メーター」でも、読書会の募集をしています。

宮下奈都先生、おめでとうございます!

主催 加藤宏和


【『羊と鋼の森』を感じる読書会】参加者募集中!


『羊と鋼の森』を感じる読書会~えどがわ読書まつり~
3月19日(土) PM5:30~7:30 タワーホール船堀にて開催を予定しております。

おかげ様で、複数の方からお問い合わせをいただき、感謝いたします。
『羊と鋼の森』に、多くの皆さんが共感されていることを実感しています。

2月23日現在、お席には十分余裕がございます。
ご都合が合いましたら、ご参加のメッセージをいただけたら幸いに存じます。

参加ご希望の方は、ページ冒頭の「読書会お申し込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項を記入の上、送信してください。

「美しいもの」にあふれた物語のさらに本質に触れつつ、この物語のファン同士の交流を楽しんでみませんか?
ぜひ、タワーホール船堀でお会いしましょう!

京王新線(都営新宿線)新宿駅から船堀駅まで30分です。
タワーホール船堀は、駅前のすぐ目の前です。

地図のルート検索で、開催地までの経路と時間を検索できます。

 

詳しくは、当ブログの2016.2.11の投稿をご覧ください。

主催 加藤宏和


【『羊と鋼の森』を感じる読書会】開催のお知らせ


「えどがわ読書まつり」に関心を寄せていただいている皆さん、こんにちは。
主催の加藤宏和です。

参加の皆さんがお好きな本を持ち寄って紹介し合う、これまでの形式の読書会をしばらくお休みして、
趣向を変えた新たな読書会を開催いたします。

次回は課題図書を設定して、その本の世界をより深く感じることができる交流の場を設けたいと思います。

初回は、直木賞候補作で本屋大賞にもノミネートされている、『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)です。
3月19日(土) PM5:30~7:30 都営新宿線 船堀駅前の「タワーホール船堀」会議室で開催予定です。

京王新線(都営新宿線)新宿駅より船堀駅まで30分です (画像はグーグルマップより)
地図のルート検索から、会場までの経路と時間を検索できます

 

駅前なので、迷わないと思います

『羊と鋼の森』を読了していることが、参加の条件になります。

自然の情景になぞらえた、美しい表現にあふれている物語です。共感されている方も多いかと存じます。
多くのファンの方にお集まりいただき、この物語の素晴らしさを共有する場となれば素敵ですね。
皆さんとの交流を通じて、この本が注目されるに至った「本質」を感じることができるかも…。

 

【開催形式】

① お一人さま5分を目安に、『羊と鋼の森』の中で心に響く文章や場面をご紹介いただきます。
同じ本でも、参加された方それぞれに感じるポイントが様々出てくると思います。

② 皆さんが紹介された様々なお話を元に、それぞれが感想を交えながら、より深いトークを楽しみましょう。
   ほかの方の視点は、とても刺激になるかも知れませんね。
   (参考となる、ほかの本をご紹介されるのもアリですよ)

【参加方法】

冒頭メニューの「読書会お申込み・お問い合わせフォーム」をクリックして、
必要事項をご記入のうえ、送信をクリックしてください。
ご質問があれば、同じフォームにて承ります。

【参加費用】

施設利用料として、お一人さま200のご負担をお願い致します。

【参加定員】 7

詳細は、メールにてお知らせいたします。
それでは、皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

主催 加藤宏和

 


新たな趣向の読書会を募集!(読書会リポートもどき・笑)


1月31日(日)、 『~ご近所で読書会~えどがわ読書まつり 第13回』を開催…しましたが、今回も参加された方は0(笑)。
当初の予定通り、同日の午後、読書会と同じ場所で開催された、クラシック演奏会におじゃましました。

kr

最近、個人的に、クラシック演奏会で生演奏を聴くことにハマってまして…。
『バカになるほど、本を読め!』(神田昌典・著)という本でも、「価値創造を志す人は『美しいもの』に触れるべし」と申されておりますので。
(読書好きの方にお薦めしますよ。リンクはこちらから

これまでの「紹介型」の読書会はしばらくお休みして、以前から構想を練っていた、『新たな趣向の読書会』を開催します!

次回は、課題図書を指定して、その本のファンの方にお集まりいただき、その本に関してじっくりトークする機会にしたいと思っています。

初回は、2016年度の本屋大賞にもノミネートされている、『羊と鋼の森』(宮下奈都・著)!
是非とも、この本のファンの方にアピールできたら…と思っております。
詳細は、2月11日(木)にお知らせする予定です。
(本屋大賞のノミネート一覧はこちらから)

よろしくお願い致します!